女性は社会を変える

ソファと美女

クロスカンパニーは女性の社会進出を一番応援している企業といえます。

なぜなら女性の雇用を積極的に行い今では全社員の95%が女性だからです。

女性を雇用している理由は労働力を補うほかに女性ブランドならではの女性目線を入れたいということがあったからです。

それに加え国は所得税が増え、企業は労働力が増え、個人では所得が増えるという、三方で得する仕組みでも役立っています。

クロスカンパニーは今まで知られることのなかった潜在能力を発掘するという視点から女性を応援しています。

4~6時間の労働時間

クロスカンパ二―の大きな特徴でもあるのが4~6時間からの雇用です。

短時間の雇用は生産性も落ちるし人件費も無駄にかかってしまうと思われがちですが、労働意欲の面で差が出ています。

1日8時間の労働だとあまりニーズがないのですが、4時間からの労働時間なら圧倒的にニーズがあります。

事実クロスカンパニーが成長段階の時岡山県で募集をかけた結果、通常の3倍の数の履歴書が届いたそうです。

どの応募者も『やりがいのある仕事』を探しており、ニーズがあるけどかなえられる職場がなかったことが明らかになりました。

労働時間が短いと生産性が落ちると指摘されていますが、その分労働効率が上がり集中して働けるほかに、ママ友への紹介などで顧客を獲得することが出来るなど、予期せぬメリットで差は埋められます。

行き詰まりが目立つ日本の中で新たな経営方針を打ち出しているクロスカンパニーから変革が起こることもあり得るのかもしれません。

女性向けブランドの開発

クロスカンパニーが主力としているブランドのほとんどが若い女性向けです。

【earth music&ecology】や【earth music&ecology】などユニークなCMでも有名ですが、これらはファストファッションなので廉価で求めることが出来ます。

通常ファストファッションの場合特徴的なデザイン性を出せないのですが、クロスカンパニーのブランドはデザイン性にも重点を置いています。

安くおしゃれが出来ることは女性の購買意欲をくすぐるので、それをうまく利用していると言えます。

売る側も買う側も

クロスカンパニーは消費者側にも労働者側にも女性視点を入れています。

まだまだ『女性が社会で活躍することは珍しい』という意識はありますが、クロスカンパニーの発展でさらに変わっていくでしょう。

女性目線の新しい発想は日本のこれからを変えていくことにもつながるはずです。

こういったオシャレなファッションをネット上で売るためにはECサイトが必要ですが、

自分がプログラマーだったら特に外注費もいらないので、この際専門の学校でスキルを身につけてしまうのもいいですね。

普段別の仕事で忙しいという人でも、プログラマーの専門の学校は夜間コースや通信コースもあるので、自分に合った形で学習することができます。

またプログラマーの専門の学校には同じような希望を抱いた社会人の方も多く通われるので、

思わぬところでビジネスにつながったり、プログラマーの専門の学校を通して人生観が変わるなんてこともありますね。

プログラマーの専門の学校で人生を変える