ライトノベルスクールの授業内容

a0002_011008
ライトノベルを書こうと思ったらライトノベルスクールに通うのが一番です。
ただライトノベルを書くだけなら独学でもなんとかクリアできますが「面白いライトノベル」を書こうと思うと、実はとても難しいことなんです。
「面白い」ライトノベルを書こうと思ったらコツを知ることが必要です。
世間一般に言われる「面白い」とは一体どういうことなのでしょう?
それを教えてくれるのがライトノベルスクールなんです。
ライトノベルスクールにはプロのライトノベル作家の先生たちが在籍していて、物語作りのコツを教えてくれます。
人間は物語がどのような構成になっていると先を読みたいと思うのかということをプロの視点で教えてくれます。
自分の作った物語を個人的にアドバイスしてもらえるので、自分の良さ悪さがハッキリと理解できるようになります。
また物語を書くうえで必要になる表現力や文章力を向上させるため、実際に出版されている作品を読み解く授業などもあります。
物語を作る基礎ができているのでプロのライトノベル作家としてデビューしたあとも、長く活躍できる実力を身に付けられます。
ライトノベルスクールでは出版社で実際に売れっ子ライトノベル作家を発掘している編集者と接点を持つ機会もあります。
ライトノベルスクールへ編集者が訪問して現場のプロとして、良い点・悪い点を指摘して商品としてどうすれば売れるのかをアドバイスしてくれます。
ライトノベルスクールのカリキュラムを足掛かりに編集者とコネクションを作り、デビューする生徒もいるようです。
またライトノベルスクールではライトノベルの書き方だけでなく、説明文を必要としないシナリオや脚本の勉強もします。
セリフだけでその場の状況を読み手に伝えなければいけないシナリオ・脚本を学ぶことで、キャラクターの心情を表現するのが上手くなります。
ライトノベルスクールでは新人賞に応募するというカリキュラムも組まれているので、今まで「自分の作品を応募する自信が無い……」と尻込みしていた人であっても、プロになるためのステップを踏めます。
ライトノベルスクールに通って自分が目指している職業につけるかもしれません。
ライトノベルスクールに通うと毎日毎日書きまくるので、だんだんと「こんなに書いてるんだからプロになれなきゃおかしい……」という不思議な自信が湧いてきます。
ライトノベルスクールでは実力と自信の両方を身に付けられます。
プロになりたいならライトノベルスクールへ通いましょう。

ライトノベルスクールでこんなに変わる